English Doctor

ホーム -> 遠隔での“治療”

遠隔での“治療”(教材/無料情報)

⇒1.無料情報
⇒2.トレーニング教材(英会話、リスニング)

無料情報 

この英語音声が聞き取れますか?【英語リスニングの秘訣ダイジェストShort ver.】(3:59)

「一瞬で英語が話せるようになる考え方」@ホリエモン万博2018(22:55)

英語感覚の掴み方(haveとgiveのコアイメージ)@夢の英語学校in帯広(32:18)

トレーニング教材 

リスニング教材『リアル・リスニング』

リスニング教材『リアル・リスニング』

「左脳リスニング病」を根本から“治療”するために、英語リスニングへの正しい意識、および正しいリスニング方法が身につくトレーニング教材。

<福田則夫さま(北海道)のご感想>
リスニングの仕方の全体像をつかむことができたおかげで英語を聞こうとする姿勢が変わりました。 単語一つ一つの発音を如何に正確に聞き取るかということが、一番大切なことなんだということを実感しました。 また、自分がこれまで覚えてきた発音が如何に曖昧なものだったのかがよくわかりました。 これからは正確に発音できるように覚えていきたいと思っています。
私もいくつか他の教材もやりましたが、「リアル・リスニング」が一番インパクトが強かったです。 楽しく取り組むことができとてもよかったです。感謝です!

<T.H.さま(男性)のご感想>
実に素晴らしいです。やり甲斐がありますしコスパも高いです。
20万円位が妥当だと思います。

これをやりこんだ後に更に自分で生英語に触れ続けていけば、近い将来、大幅な改良耳が獲得できるのではとワクワクします。

「頑張らない英会話レッスン」

日本人の大人向け、やり直し英会話のための全60日間のオンライン英会話レッスンです。
「英語コミュ障」や「直訳スピーキング病」「エゴイヤ病」など、様々な英語病が自然となおり、自信をもって英語で話せる基礎力が身につきます。
全5回(約5時間分)の無料動画レッスンを公開中

<A.Kさま(東京在住54歳/男性)からのご感想>
中学英語で会話ができるという考え方は様々な英語教材で謳われていましたが、 ロイさんはそれらの教材とはまったく別の発想で、中学で習った英語で話せることを教えてくれました。
「あなたは英語がしゃべれるんです」。 当初はこのお言葉、私には当てはまらないのではないか、と正直思ったりしていました。 今まで、単語を覚える…,文法を覚える…発音を覚える…の繰り返しでした。こればかり繰り返し勉強しても喋れないことがわかりました。 しかし、いかに自分で自分を縛っていたかが、よく分かりました!
ロイさんはそんな縛りを取っ払ってくれるようなレッスンを行なって下さり、 レッスンでは毎回目から鱗が落ちっぱなしです!(笑)


<Y.Aさま(名古屋在住58歳/女性)からのご感想>
今まで沢山の英語教材を買って、英会話教室にも通ってきましたが、 意味が分からず、納得できないと先に進めなかった私はどんどんついていけなくなったり、身に入らず散々な苦労をしてきました。 そんな中で見つけた「頑張らない英会話レッスン」は、本当に素晴らしい気付きを与えてくれました。
英語に触れるのが楽しくなったのはロイさんのおかげだと思います。 「英語を楽しく学ぶこと」そして、「知っている表現で言い換えること」 大事なことを教えていただきました。このレッスンに出会えて、本当によかったです。もっと早く出会えていたら、こんなにお金をムダにせずに済んだのに...

英会話教材『Just In Case』

英会話教材『Just In Case』(販売休止中)

誠に申し訳ありませんが、サポート上の都合により、販売を休止しております。英会話に関しては『頑張らない英会話レッスン』をどうぞ!

英語の日常会話の80%は、わずか1,000単語だという言語学的なデータがあります。つまり、私たち日本人がすでに知っている中学英語の知識をうまく生かせば、英語は誰でも話せるのです。
中学英語をマスターして英語を話せるようになろう、という教材は世の中にたくさんありますが、盲点となっている重要なポイントは「暗記をしない」で「表現力を高める」こと――。
イングリッシュ・ドクターが開発した『Just In Case』では、暗記を一切することなく、すでに知っている中学英語の知識を伸ばしていきますので、言いたいことを英語でしっかり表せる表現力を無理なく養っていただけます。

<M.I.さま(女性、アメリカ在住)からのご感想>
「Just In Case」の英作文は日常会話で使う表現が多くて本当に助かっています! 英語が話せるようになってきたと実感しています。 ちなみに、今朝 think の項目の英作文に取り組んだのですが、お昼頃に腕時計を買いにいき、早速 "Let me think it for a moment."という文章を使うことができました! いつもなら、「なんて表現するんだろう」と頭の中で考えて沈黙してしまいそうでしたが、let の使い方に少し慣れ、スッと口から出てきました。 その後、お店の方と楽しくやり取りをして腕時計を吟味した上で無事に購入できました。「Just In Case」をやっていて本当に良かったと思えた瞬間でした。

お問い合わせフォーム

英語をやり直したいあなたへ

西澤ロイの独学英語教材