English Doctor

5月よりラジオ新番組が本格的にスタートいたします!

こんにちは、イングリッシュ・ドクター(英語学習の“お医者さん”)の西澤 ロイと申します。
このたび、みなさんの英語の苦手意識を克服するラジオ新番組「スキ度UPイングリッシュ」を5月より本格的にスタートいたします!

私は「日本人が英語ができない時代を終わらせる」ことを目標にして、 英語を教える活動を行なっています。

大学時代に言語学を専攻することで、英語が深く理解できるようになり、TOEICは満点の990点を取ることができました。
2006年より英語を教える仕事をはじめ、2010年には初めての書籍を出版。「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)の他、現在は9冊出版しております。
おかげ様で、たくさんの喜びの声をいただいておりまして、累計15万部を突破しました。


「プレジデント」「AERA English」「日経WOMAN」「THE21」「CNN English Express」などの雑誌、新聞、ラジオやTVなどにも時々お声がけいただけるのも本当に光栄なことです。


ラジオの新番組「スキ度UPイングリッシュ」が5月から本格的にスタートするに当たり、みなさんにご報告と、ご協力のお願いがあります。

日本人はすでに英語が話せる!

日本人は「英語ができない」「英語が下手だ」などと言われます。 そして、「学校での英語教育」「受験英語」がやり玉に挙げられます。

しかし、私ロイはそれを全く信じておりません。むしろ逆に、私はこう思っています。
「学校での英語教育のおかげで、日本人は既に英語が話せる」

なぜなら、言語学的なデータをご紹介しますと、中学英語のボキャブラリー(約1,000語)があれば、日常会話の80%がカバーできます。 別にスマートな会話はできなくても、体当たりで英語できちんとコミュニケーションが取れるだけの素地を、学校英語がきちんと提供してくれているのです。

また、海外に行くと、たくさんの外国人が下手な英語で堂々とコミュニケーションをとっています。
それなのに、なぜ日本人は英語がしゃべれないのか?

その原因は「英語病」です。

例えば、英語を「勉強(インプット)」しただけで終わってしまい、「実際に使う」というアウトプットが足りていない「知識肥満症」
「正しい英語」にこだわってしまって、しゃべれなくなる「英語コミュ障」
直訳で考えてしまうことで、すぐに言葉に詰まってしまう「直訳スピーキング病」・・・。

こういった英語病さえなおしてしまえば、日本人は誰でも英語が話せるのです。
そのことを、ラジオ番組を通じて楽しくお伝えし、そして実感していただくのが新番組「スキ度UPイングリッシュ」なのです。

Don't be afraid of making mistakes.(間違いを恐れるな!)

英語はコミュニケーションのツールだと言われるように、大切なのは「コミュニケーション」です。

学校英語での間違いは、特に文法的に正しくないことや、スペルを間違えること、空欄を埋められないことなどでした。

しかし、コミュニケーションに主眼を置くと、そういう文法的な間違いを気にすべきではなくなります。コミュニケーションにおける本当の間違いは「伝えようとしないこと」だからです。

「文法的に間違っている!」
「それでは通じない」
「こういう言い方をすると恥をかく」
・・・こういった情報が世の中には多いですが、それは上級者を目指す人向けであり、大部分の日本人にとっては不要です。
このような「否定」的な情報が多いから、日本人を委縮させ、英語を話せなくしてしまうのです。

ですから新番組「スキ度UPイングリッシュ」で私がやりたいことは、その正反対です。
日本人に勇気や自信を与え、堂々と英語を使うステージに進むことをお手伝いしたいのです。

そのための番組を、メインパーソナリティを私、西澤ロイが務め、そしてサブパーソナリティをお呼びして楽しくお届けしていきます。

5月のパートナーは「バンクーバー発音の鬼」リチャード川口先生!

「スキ度UPイングリッシュ」では基本的に、月毎に「パートナー」としてサブパーソナリティをお迎えして、放送をお届けしていきます。



初回となる5月のパートナーは・・・
カナダで生まれ、日本、カナダ、アメリカ、オーストラリアで暮らした経験のある、完全な日英バイリンガル。

バンクーバーの英語スクールでカリスマ講師として活躍し、現在は東京都内で『RK English School』の校長を務めており、また、この4月から産業能率大学の客員教授に就任した「バンクーバー発音の鬼」、リチャード川口さんです。

著書は5冊あり、特に処女作の『ネイティブ発音のコツ33』(明日香出版社)はベストセラーシリーズになっています。新刊の『発音記号キャラ辞典』(KADOKAWA)も好評です。また3本のDVDは全てTSUTAYAの教養・ビジネス部門においてレンタルランキング1位になっています。


ぜひ番組をお聴きください!

新番組「スキ度UPイングリッシュ」が5月から本格的にスタートするに当たり、みなさんにぜひお願いしたいことがいくつかあります。

1.「スキ度UPイングリッシュ」をぜひ聴いてください!

まずは、一体どんな番組なのか、実際に聴いていただくことが大切だと思っています。

ラジオにおける本放送は、毎週木曜日夜20時~20時半の30分(木8<もくはち>と覚えてください)、再放送が毎週日曜日夜21時~21時半です。
局は埼玉県志木市にあるコミュニティFMクローバーメディア。

スマホのアプリ「リスラジ」を使うことで、日本全国、海外でもお聴きいただくことができます。
聴き方の詳細はこちらをご覧ください

また、バックナンバーは(楽曲を除き)全て無料で、毎週土曜日朝9時に公開します(スマホの場合にはアプリ「Himalaya」のダウンロードが必要です)

2.Twitterでハッシュタグ「#スキ度」でつぶやいてください

この新番組は、ぜひリスナーのみなさんと一緒に作り上げていきたいと思っています。
まずは、番組公式Twitterアカウント(@SukidoUpEnglish)のフォローをお願いします(フォローバックします)。

そして、番組を聴きながら、もしくは番組に関係することやご感想などを「#スキ度」というハッシュタグをつけてつぶやいてください(番組公式Twitterアカウントより、いいねやリツイートをさせていただきます)。
もちろん、英語学習に関する質問や、パーソナリティに対する質問なども大歓迎です~。

<西澤ロイからのお願い>

ここからは、「スキ度UPイングリッシュ」を聴いて「良い番組だ」「楽しい!」と思ってくださっている方や、西澤ロイの活動や新番組を応援してくださる方、ロイファンだという方にお願いしたいことです。
ちょっと長くなりますが、5分間ほどお時間をいただけましたら嬉しいです。

私は5年前に当たる2014年から、コミュニティFMでのラジオ活動を始めました。

スタートしたキッカケは「出会い」であり、とあるパーソナリティと知り合って、呼ばれて出演した番組のプロデューサーさんに
「部活動みたいな感じで、コーナーを持ちませんか?」
と言われたのが始まりです。

コミュニティFMというのは、県よりも小さな範囲(例えば市や町レベルなど)で放送を行なっている地元のラジオ局のこと。公共の電波を利用した公共放送であり、アプリを経由することで、日本全国(世界でも)で聴くことができます。

ただし、多くの人が考える、一般的な「ラジオ」とは大きな違いが2つあります。

1:リスナーが多くないということ

例えばNHKやJ-Wave、Nack5のような「キー局」であれば、広い範囲で放送されていますし、局に対する固定ファンも多くいます。しかし、コミュニティFMは自分でリスナーを集めないと、ほとんど聞いてもらえないのが現実です(radikoでも聞けません……)。

ですから私は、PodcastYouTube(映像付き)にバックナンバーを公開するスタイルにしました。それを5年間積み重ねてきたことで、YouTubeのチャンネル登録者数はようやく3,000人を超え、バックナンバーはYouTube / Podcastの両方を合わせて、累計で65万回以上再生されることができました。

2:ギャラが出ないということ

これはよく誤解されるところなのですが、「ぶっちゃけトーク」をします(笑)。
キー局であれば、既に「スポンサー」として大きな会社がついていて、局に対してフィーを支払っています。そこから、放送権料や番組の制作費、そして出演者へのギャラなど全てがまかなわれる仕組みになっているのです。

しかし、コミュニティFMはそれとは規模感が全然違います。私を誘ってくれたプロデューサーさんが「部活動」と表現したのは、自分で活動費を支払うという意味であり、報酬はないのです。

別に、私にとってそれが問題なわけではありません。
ですから私は、社会貢献の一環だと思い、「西澤ロイの頑張らない英語」というコーナーをスタートさせたのです。

おかげ様で放送100回を達成!

このコーナーは、当初は月に2回、現在は月に1回放送しており、英語を使って国内外で活躍している方々をゲストにお呼びしてインタビューをお届けしていますが、4月でちょうど100回目を迎えました。

今までにお呼びしたゲストの一部をご紹介しますと……
・ピコ太郎やふなっしーの通訳を務め、「情熱大陸」にも出演した通訳者、橋本美穂さん
・東進ハイスクールのカリスマ英語講師、安河内哲也先生
・著書400万部のカリスマ英会話講師デイビッド・セイン先生
・アメリカでイチローの次に有名だと評されるヨシダソース創業者、吉田潤喜会長
・チベット仏教の高層でダライ・ラマのNo.2、リンポチェ師
などなど、ものすごい方々にご出演いただくことができ、本当にありがたいことです。

次なる挑戦「めざせ!スキ度UP」

ご縁によって、ラジオ活動の幅が広がり、現在では4つの番組&コーナーを担当しておりますが、その中で私にとって新たな挑戦だったのが、2017年2月~2019年3月まで放送された、前番組の「めざせ!スキ度UP」です。

この番組は、
まるっと空気を掴むMC、丸山久美子さん
ビジネス数学の専門家、深沢真太郎さん
と一緒にやらせていただきました。「英語」「数学」「人前で話す」という、苦手とする人が非常に多い3つの分野の専門家が集まり、「スキルアップ」をしたいならば、その前に「スキ度(好きな度合い)をUP」させようというコンセプトの非常に楽しい番組でした。

私はこの番組で「今日から英語アタマ」というコーナーを担当しました。一体何が挑戦だったのかというと、「ラジオというメディアを使って、英語を教える」こと自体です。

ラジオで英語を教えることに対して違和感がない方が多いかもしれませんが、おそらく「NHKラジオ講座」をイメージしているはずです。それは書店でテキストを販売できるNHKだからできることなのです。

そもそもラジオというのは、不特定多数の人が聴くことのできる公共放送。そこでテキストのない状態で、音だけで英語を教えるというのは、まだ未開拓の、ほとんど誰も挑戦していない分野なのです。

その挑戦を2年余りやってきた結果として、パーソナリティの2人、そしてリスナーさんたちの「英語嫌い」を解消することができました。また、学生時代は英語の点数がわずか8点で、大の英語嫌いであり、海外経験もほぼなかった丸山さんが、この4月にドイツに一人旅をしました。それもコーナーを通じて、英語でコミュニケーションが取れる方法をお伝えできたからです。 そのような意味で、一定の成果を上げられたと自負しております。

これから、さらなる挑戦をいたします

そして、3月いっぱいで「めざせ!スキ度UP」という番組は終了しました。しかし、私自身はここで活動を止めるわけにはいきません。「日本人が英語ができない時代を終わらせる」ために、次なる段階へと進むべき時が来たと思っています。

そこで、4月からスタートしたのが、新番組「スキ度UPイングリッシュ」なのです。
「スキ度UP」というコンセプトを引き継いだスピンアウト的な番組として、楽しみながら英語がもっと好きになり、英語のスキルアップができてしまう英語バラエティ番組を(リスナーさんと一緒に)作り上げたいと思っています。

よろしければ、ロイ友会への加入をお願いします

番組のスポンサーである、西澤ロイFFC「ロイ友会」にサポート会員としてご加入くださり、番組のご支援をいただけませんか?

上に書きましたように、コミュニティFMで番組を持つためには費用がかかります。
私は2014年当初から、社会貢献のための投資として自分で費用負担を行ない、ラジオの活動を始めました。そして、2017年に前番組の「めざせ!スキ度UP」が始まるタイミングで、全てを自己負担するのはさすがに厳しくなり、「ロイ友会」を発足させました。

この会は、私、西澤ロイのメディア出演活動を応援していただくことを一番の土台としています(なお、私自身も会員の1人であり、ロイ友会から金銭は一切受け取っておりません)。
現在は40数名のロイ友が支援をしてくれています。中には「ロイさんなら会費以上のものを社会に還元してくれるから応援します」と言って参加してくれているメンバーもいて、本当に嬉しい限りです。

ただ今回、番組の形態などが変わることにより、正直申し上げまして、出演費用が少し増えてしまいました。そこで改めて、「サポート会員」として、私の活動や新番組を応援してくださる方を募集したいと思います。

私が、番組の制作費用について変に心配することなく、番組のコンテンツ作りに集中でき、日本人の英語に対するスキ度アップ&スキルアップを応援できるように、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

ロイ友会の詳細について

ロイ友会の「サポート会員」になると、以下の特典が得られます。

1.「今日から英語アタマ」のバックナンバーを全て聴ける

前番組「めざせ!スキ度UP」内で約2年間お届けしてきました「今日から英語アタマ」コーナーのバックナンバー(全64回分)を自由にお聴きいただけます。
これをお聴きいただくことで、英語への苦手意識が解消し、英語が楽しくなり、そして、英語をしゃべることへの抵抗が減り、スピーキング力がアップします。

2.ラジオ観覧(レインボータウンFM@木場)+ランチ会優先参加権

第2土曜日に放送しているラジオコーナー「西澤ロイの頑張らない英語」を生放送する際に、スタジオ前でのラジオ観覧&ランチ会イベントを優先的にご案内させていただきます。

3.西澤ロイの新刊をプレゼント

私が紙の書籍を出版した際には毎回、新刊をプレゼントさせていただきます。

4.シークレット特典

その他、秘密の特典があります。
また時々、ロイ友会のメンバーだけが参加できる特別イベントなども開催予定です。
シークレットですので、入ってからのお楽しみです^^

気になる参加費は…

ロイ友会の「サポート会員」になるためには、参加費は以下となります。

入会金:1,080円(税込み)
月会費:777円(税込み、初月無料)

なお決済のお手続きはクレジットカード(PayPal)、もしくは銀行振込(6ヶ月分、もしくは1年分)が可能です。

長い文章を最後までお読みくださりどうもありがとうございました。
ぜひ応援よろしくお願いいたします!