イングリッシュ・ドクター(English Doctor)西澤ロイ

著書は累計16万部突破! 英語教師からも高い評価を得ています




あなたが治したい「英語病」をタップ/クリックしてください。


お知らせ/ニュース

2021/11/19
今回の奇跡的な救出劇について、日刊スポーツに掲載されました!

報告記者会見の動画はこちら(10/12実施)
報告記者会見の英語吹き替え版(通訳:橋本美穂さん)はこちら
プレスリリースはこちら(10/1発表)
・9月に実施した緊急クラウドファンディング企画はこちら
2021/9/1
Yahoo!ニュースにSDGsと英語を一緒に学ぼう:goalとtargetはどう違う?〈連載第2回〉が掲載されました。
2021/7/31
ラジオ レインボータウンFM(東京都)で1時間特番「西澤ロイとYumiの英語コンプレックス解消スペシャル」を放送しました
2021/3/15
Kindle書籍『サッと読めて英語が楽しくなる!英単語の語源と本当の意味(2)』を出版しました。
2021/2/15
全国学校図書館協議会の選定図書(高校生向け)に拙著『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)が選ばれました。
2021/2/5
Yahoo!ニュースに「英単語を語源で覚える学習法─3つの注意点とは?」が掲載されました。
2020/12/9
YouTubeチャンネルの登録者数が5,000人を突破しました
2019/12/30
Wikipediaに掲載されていることを発見しました。

「イングリッシュ・ドクター(英語学習の“お医者さん”)」とは?

多くの英語学習者は以下のように、上達できる(スムーズに進める)つもりで勉強しています。

(1)独学による英語学習
(2)先生などに教わる形での英語学習


しかし、多くの方が様々な「英語病」を併発しているために、実際には以下のようなイメージなのです。

(1’)独学による英語学習
(2’)先生などに教わる形での英語学習

イングリッシュ・ドクター 西澤ロイからのメッセージ

風邪を引いたままランニングをしたり、腕を骨折したまま筋トレ……という人は普通いないと思います。
まずは、ケガや病気を治すのが最優先ですよね。
しかし英語学習となると、ケガや病気に相当する「英語病」に気づかぬまま、英語学習を頑張ってしまう人が後を絶ちません。

英語が上達しないのは、あなたの努力が足りないわけではありません。
英語のセンスや才能が欠けているわけでも決してありません。
上達を阻害するような「英語病」にかかってしまっているだけなのです。

あなたがもし、英語の上達をうまく感じられていないのであれば、まずは「英語病」を治すことを最優先しましょう。

ラジオ企画「Nanチャレ」が好評オンエア中!

ラジオコーナー「Nanjo、英語にチャレンジします。withイングリッシュ・ドクター」

総再生回数7,000回突破!
イングリッシュ・ドクターのサポートを受けながら、ラジオパーソナリティの南條さんが英語学習に挑戦。
いろいろな「英語病」の診断を受けつつも、お薬を処方してもらい、少しずつ上達していく――そのプロセスを全公開!
⇒エピソードリストはこちら
⇒stand.fmのチャンネル

第1話はこちらからお聴きいただけます(↓)

月1回開催中! おとなの英語サークル『やりなおし英語クリニック』

おとなの英語サークル『やりなおし英語クリニック』を NHK文化センター柏教室(千葉県)において、毎月第2日曜日13:30~15:00に開催中。
⇒コロナのため現在休止中です

ご依頼はこちら

研修・講演・取材・執筆などのご依頼受付中!!
お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム